腸内環境を整えるには食物繊維や発酵食品が良いって本当?

皆さんこんにちは!!

大阪・四ツ橋・心斎橋で活動しているパーソナルジムINFINITUSトレーナーの荒木です!!

本日は、腸内環境を整えるには食物繊維や発酵食品が良いって本当?について解説していきたいと思います!!

INFINITUSトレーナー荒木
INFINITUSトレーナー荒木

お腹の不具合で悩んでいる方必見です!!

腸内の環境問題

  • 腹痛
  • 便秘
  • 下痢
  • 腹部の膨張感(ガス溜まり)
  • 胸焼け
  • 吐き気
  • 異常な頻度のおならやゲップ

このような症状が見られる方は、腸内環境が乱れていると言われています。

腸内には、約100兆個と2000種類を超える細菌が住んでいると言われています。

そのうち、健康的な小腸に存在する菌は、約1万個と言われています。

腸内の菌

  • 善玉菌(体に良い菌)
  • 悪玉菌(悪影響を及ぼす菌)
  • 日和見菌(どちらでもない)

この3つが腸内のバランスをとっていると言われています。

腸内の菌の割合は?

善玉菌:20%

悪玉菌:10%

日和見菌:70%

1番割合の多い日和見菌は、勢力が優勢な方に加勢すると言われています。

なので、悪玉菌の割合が善玉菌を上回ると、日和見菌は悪玉菌に加勢してしまい、腸内環境が悪化してしまいます。

日和見菌が善玉菌に加勢すると、腸内環境はバランスを保ち、健康になると言われています。

なので、善玉菌を増やすために、食物繊維を摂ったり、発酵食品を摂ったりしている方が多いかと思います。

しかし!!本当にそれでお腹の症状は改善されるのでしょうか?

お腹に良いと言われている食材を摂っているのに、症状が改善されな、もしくはよりひどくなっている方もいるのではないでしょうか?

その原因…

SIBOかもしれません!!

SIBOとは?

  • 小腸内細菌増殖症

大腸にあるべき細菌が小腸に入り込み、細菌が増えてしまう病気と言われています。

SIBOになってしまうと、増えすぎた腸内細菌によって大量のガスが発生します。

それにより、お腹が張り下痢や便秘などの症状を引き起こしてしまいます。

善玉菌でも、過剰に増えたり不適切な場所で増えると、このような不調を招いてしまいます。

なので、お腹に良いとされる食品を摂取しても、さらに症状が悪化してしまう可能性があります。

お腹の不調

お腹の不調がある方に対して…

  • ヨーグルトを摂りましょう
  • 納豆を食べましょう
  • イヌリン(水溶性の食物繊維)を摂りましょう

などと簡単には言えません。

SIBOの原因として考えられているのが、小腸の蠕動運動が弱かったり、ストレスなど色々な要因で発症すると言われています。

実は、炭水化物の摂りすぎも原因の1つとして考えられています。

中には、糖質制限をすることによって、症状が改善したという方もいるみたいです。

では、SIBOの方がどのような食事を意識すれば良いかを説明します。

※お腹の不調は必ず病院で診察してもらってください。

SIBOとは関係のない病気の可能性もあります。

お腹の不調=SIBOとは限らないので、医師からSIBOと診断されたら紹介する食事を試してみてください。

SIBOの方にお勧めの食事は、低FODMAP食です!!

低FODMAPとは?

  • 小腸では吸収できない4種類の発酵性の糖質を指します。

一般的にお腹に良いとされる食材は、SIBOの方には不調を引き起こしてしまう可能性があります。

なので、それらを避けるような食事が低FODMAP食です!!

食品のリストは検索すると出てくると思うので、高FODMAPの食品を1ヶ月ほど避けてみてください。

お腹に良いとされる食品が、高FODMAP食品に含まれている事もあるので、しっかり確認してみてください!!

まとめ

お腹の不調=発酵食品や食物繊維を摂りましょう!!ではダメだということですね。

もちろん問題がない方は、積極的に摂った方が良い食品かと思います。

まず不調が続く時は、必ず医師の診察を受けてください!!

腸内環境の悪化は、様々な不調を招くと言われています。

自分に合った食生活で改善していきたいですね!!

大阪・四ツ橋 ・心斎橋でパーソナルジムををお探しの方は、是非パーソナルジムINFINITUSへ!!

The following two tabs change content below.