脂肪燃焼するには糖質が必要?

皆さんこんにちは!!

大阪・四ツ橋・心斎橋で活動しているパーソナルジムINFINITUSトレーナーの荒木です!!

本日は、脂肪を燃焼するには糖質が必ず必要か?について解説したいと思います。

INFINITUSトレーナー荒木
INFINITUSトレーナー荒木

糖質って重要なの?

脂肪燃焼には糖質が必要か?

まず始めに、抑えておきたいところから解説します。

人間の体はATP(アデノシン三リン酸)という物質を使い、エネルギーを作り出しています。

車でいうところのガソリンですね!!

車は車体だけあっても動かないですよね?

人間も同じで、骨と筋肉だけでは動かないです。

動かすためには、ATPが必ず必要になってきます。

ATPは無限にあるのか?

もちろん無いです!!

無限にあったら永遠に動けてしまいますよね。

車と同じように、ガソリンが無くなったら補給しなくてはいけません。

正確に言うと、体内で新しく作り出す必要があります。

体内でATPを作り出す3つのシステム

  • ATP-CP系(ホスファゲン)
  • 解糖系(乳酸系)
  • 酸化機構(有酸素系)

この3つのシステムから、ATPは再合成されます。

ATPを再合成するために必要な物質

  • クレアチンリン酸
  • 糖質
  • 脂質

※タンパク質(アミノ酸)も使われますが、効率が悪いのであまり使われません。

糖質は体を動かすエネルギーになるのでしっかり摂りましょう!!

というのは、ATPを作り出すために必要であるから言われているのですね。

脂質も同じです。

クレアチンはサプリメントでも販売されていますね。

細かい話は省きますが、要はATPが必要だということです!!

では、なぜ脂肪を燃焼するときに糖質が必要なのか?

理由はそれぞれATPを作り出すシステムの流れが原因となっています。

今回の話では、ATP-CP系は関係ないので省きます。

今回の話で重要となるのが、解糖系と酸化機構です。

解糖系は、文字の通り糖を分解してATPを作り出す。

酸化機構は、以前投稿したカルニチンの経路ですね。

主に脂肪からATPを作り出します。

めちゃくちゃざっくり表記すると↓

解糖系

糖(グルコース)

ピルビン酸

ピルビン酸までの経路で、2つのATPを作り出します。

これが解糖系です。

ピルビン酸は、ある条件では乳酸に変換されます。

このピルビン酸がとても重要なので、覚えておいてください。

酸化機構もざっくり表記します。↓

酸化機構

脂肪酸

アセチルCoA

クエン酸回路

酸化機構では、最終的にクエン酸回路に入ってATPを作り出します。

解糖系で産生されるピルビン酸もアセチルCoAに変換され、同じくATPを作り出します。

なので、解糖系も酸化機構も最終的に、アセチルCoAに変換されるのは同じという事ですね。

ここで重要なのが、クエン酸回路です。

クエン酸回路は、名前の通りクエン酸があると回路が活性化します。

では、クエン酸はどこから産生されるのか?

それは、アセチルCoAとオキサロ酢酸です。

アセチルCo Aとオキサロ酢酸がくっつくとクエン酸ができるので、クエン酸回路が活性化します。

ここがポイントです。

アセチルCoAは解糖系からも酸化機構からも作り出せます。

しかし!!

オキサロ酢酸を作り出すには、ピルビン酸が必要です。

酸化機構からは、ピルビン酸は作れません=オキサロ酢酸は作られません。

ということは…

解糖系が働かないと、クエン酸回路が上手く回らない=脂肪からもATPを作る量が減る=脂肪燃焼効果が弱まる

というざっくりの流れです。

だからダイエットでは、糖質が重要だということですね。

実際は糖質を摂らなくても、ケトン体からコハク酸が産生されてクエン酸回路は回るんですが😅

ダイエットには糖質が重要だということがわかったと思いますが、だからと言って食べ過ぎはもちろん良く

ないですよ!!

食べ過ぎは何でも良くないという当たり前のことですね😅

ダイエットで悩まれている方は、大阪・四ツ橋・心斎橋でパーソナルジムをお探しの方は、是非パーソナルジムINFINITUSへ!!

The following two tabs change content below.