ダイエットに重要な基礎代謝とNEAT

皆さんこんにちは‼︎

大阪・四ツ橋・心斎橋で活動しているパーソナルジムINFINITUSトレーナーの荒木です!

本日はダイエットに重要な、基礎代謝とNEATについて解説していきます!

INFINITUSトレーナー荒木
INFINITUSトレーナー荒木

ダイエットをしている方必見です‼︎

基礎代謝とは?

・生命の維持に必要なエネルギー代謝

要は何もしなくても消費するエネルギー量の事です。

基礎代謝が高ければ高いほど痩せやすくなります。太りにくくもなりますね。

これは皆さんも一度は聞いたことあるのではないでしょうか?

では、基礎代謝を高める為にはどうすれば良いでしょうか?

基礎代謝を高める方法

・筋肉量を増やす

これは筋肉凄すぎますね(笑)

これにはきちんと理由があります!

筋肉は1kgあたり約13kcal消費すると言われています。

一方脂肪は…

同じ1kgあたりでも約3〜4kcalしか消費しません(脂肪が多くても基礎代謝が高いのは脂肪も代謝量があるからですね)

筋肉と脂肪を比べると約3倍近く消費量の差が出てしまいます。

同じ体重でも基礎代謝に差が出るのは、これらが原因かもしれませんね。

※ちなみに東大の石井直方名誉教授の研究によると、筋肉1kg増えることによって、13kcalではなく約50kcalまで増えたという研究もあるみたいです。(また探しておきます)

筋肉が増えることによって、血液の循環量などが増えたことで、消費量が増えたかも?と言われているみたいです。少し希望があるお話ですね。

上記の話が正しければ、1kgの筋肉量を増やすことで、年間で約2.5kgの脂肪の減少に繋がる可能性があります。

※脂肪は1kg落とすのに、約7200kcal消費しなければなりません。

痩せやすい体、太りにくい体を手に入れるためには筋トレが重要と言うことですね‼︎

筋トレの王道種目のバックスクワット!!

では、週に2〜3回筋トレだけを頑張っていれば痩せるのか?

痩せる為にもう一つ重要になってくるのがNEATです!

NEATとは?

・非運動性熱産生

簡単に説明すると、運動以外で消費されるエネルギー量のことを指します。

1日の総エネルギー消費量の内訳を見てみましょう!

内訳

・基礎代謝(約60%を占める)

・食事誘発性熱産生

・身体活動

消費エネルギーのほとんどが基礎代謝ですね!(だからダイエットにおいて重要)

基礎代謝を除くと、1日の消費を多く占めるのが身体活動です!

食事誘発性熱産生は、食事をすることによって消費するエネルギーです(食後に体がぽかぽかするやつです)

痩せる為には基礎代謝をあげることは大切です!

しかし、NEATを増やすことが重要視されてきています(基礎代謝はすぐに増えないですよね)

週に数回のトレーニングも大切ですが、NEATが低いと…痩せにくくなってしまうかもしれません!

では、NEATを増やす為にはどうすればよいのでしょうか?

NEATを増やす方法

・電車を使った際に一駅歩く

・普段の移動を電車や車ではなく、自転車や徒歩にする

・ウィンドウショッピングをする

・とりあえず日常生活で動く意識をする(笑)

要は、色々工夫しながら、トレーニング以外でも体を動かそうということです!

週の数回のトレーニングより、他の時間の方が圧倒的に長いはずです!

せっかくトレーニングを頑張っているのに、他の時間は、全く動かないのはもったいないですね!

今まで全く運動してこなかった方で、週に数回のトレーニングが慣れてきたら、日常生活でも運動量を増やす意識をしてもらえたら、より痩せやすくなるでしょう!

運動量というより身体活動量ですかね?

なので、運動ではなくても、日常生活の家事などでいいので、しっかり動き意識をしましょう!

個人的には歩くことをお勧めしております。

厚生労働省が推奨している1日の歩数は、男性で約9000歩、女性で8000歩です。

アイホンなどで、歩数は計測できるので、1日の終わりにチェックしてみましょう!!

ただ単純に歩くのが苦痛な方は、歩くゲームなどをインストールすると、楽しく歩けるかもしれませんよ笑

私は、このあるくとというアプリを入れてます!!

キャラクターをコンプリートしたり、歩いたポイントで懸賞品に応募出来たりします(インストールして約1年が経ちますが、1回だけ野菜ジュースに当選しました笑)

携帯を使うので、歩きながらの操作は気をつけてくださいね!!

毎日のちょっとずつの積み重ねが、数年後のあなたの体を健康的に変えてくれるでしょう‼︎

少しずつ体を運動に慣らしていきたい方は、

大阪・四ツ橋・心斎橋のパーソナルジムINFINITUSへ是非お越しください‼︎

The following two tabs change content below.