ダイエットとEPOCの関係

皆さんこんにちは!!

大阪・四ツ橋・心斎橋で活動しているパーソナルジムINFINITUSトレーナーの荒木です!!

本日は、ダイエットとEPOCの関係について解説していきます。

INFINITUSトレーナー荒木
INFINITUSトレーナー荒木

ダイエットに興味がある方必見です!!

EPOCとは?

  • 運動後過剰酸素消費と言われ、運動を中止してもしばらく息が弾み、安静時よりも高い酸素摂取量が続く現象のこと

ざっくり説明すると、運動後にもエネルギーが消費されているという事です!!

エネルギーが消費しているのは、運動中だけのイメージが強いですが、実は運動後にも身体を運動前の状態に回復させるために、安静時以上の酸素を消費しているのです。

ということは、EPOCが大きければ運動後にもエネルギーを消費するので、ダイエットにも有効ということですね!!

EPOCとは?

EPOCに影響する因子は何でしょうか?

EPOCは運動の強度や種類、また継続時間によって決まると言われています。

特に皆さんが、普段されている筋トレで説明すると…

高負荷のレジスタンストレーニング(例:1RMの80~90%で8回3セット)では、サーキットウェイトトレーニング(例:1RMの50%で8回4セットを15回繰り返す)よりも大きいEPOCが引き起こされる。

レジスタンストレーニングに対するEPOCの反応は、強度によって変化する

※NSCAストレングス&コンディショニングより引用

上記のように説明されています。

回数を多くするより負荷強度をあげる方が、EPOCを大きくする為には有効と捉えられますね!

ダイエットの際に、筋トレはサーキットトレーニングのように、いっぱい動いてあげる方がエネルギーを消費するイメージがありますが、実際は負荷をあげる方が、エネルギーを多く消費するかもしれないということですね。

EPOCに影響する因子

しかし、ダイエットの場合はしっかり動くことが大事なので、高強度の筋トレをしているからOKではなく、1日に動く運動量を意識していく事が大事です(以前解説したNEATですね)

ダイエットに重要な基礎代謝とNEAT

ダイエットに大切な運動は??

一般的に、ダイエットで有効とされる運動で、有酸素運動があげられることが多いかと思います。

低強度の有酸素運動は、脂肪を主にエネルギーとして使うので、ダイエット目的の運動であれば、有酸素運動が適切だと言われています。

しかし、先ほど説明したように、EPOCを大きくするには、高強度運動が必要とのことでした。

では、ダイエット目的の場合は、どちらがの運動が正しいのでしょうか??

結論!!どちらも大切です!!

ダイエットで大切なのは総エネルギー消費量

運動中に糖質が使われるか?脂肪が使われるか?はそこまで重要ではありません!!

脂肪を落とすから、脂肪をエネルギーとして使った方が良いのではないか??と思われますが…

高強度な運動(筋トレなど)では、主なエネルギー源として、糖が使われます。

その結果、運動後に摂取した糖から脂肪への変換が、少なくなる可能性があります。

これによって、脂肪の増加が防げる可能性があります。

運動時に脂肪しか使わなかったら(現実的にありえませんが)、体の中の糖は、満タンの状態です。その状態で糖を摂取すれば、溢れた分が脂肪になってしまう可能性があります。

なので、運動中に脂肪だけではなく、糖を使うことも、とても大切です。

脂肪燃焼するためには、運動強度×運動時間が重要です!!

まとめ

ダイエットにおいては、EPOCが重要ではありませんが、筋トレを行うメリット(モチベーションのアップ)にもなるかと思うので、ぜひしっかり筋トレをしてEPOCの恩恵を受けましょう!!

一番大切なのは、継続です!!

自分が継続できる範囲の、運動を頑張っていきましょう!!

大阪・四ツ橋・心斎橋でパーソナルジムをお探しの方は、是非パーソナルジムINFINITUSへ!!

The following two tabs change content below.
荒木 翔大

荒木 翔大

INFINITUSトレーナー。CSCS*D / NSCA-CPT*D / NASM-PES / 健康運動実践指導者